大好きな人とずっと一緒にいたいから。同棲を始める前にしておくべきこと

9

出典:weheartit.com

恋人との同棲を考える時って楽しみもあれば不安もありますよね。
よくある話しなのが同棲をしたことで別れてしまったということ。

一緒に暮らすということは相手の嫌な面も見えてくることになります。
同棲をして別れるという悲しい結末になる前に、ちゃんとした準備が必要です。

両親への報告

%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%964出典:weheartit.com

同棲する際にはきちんと親への報告を済ませておきましょう。
後々同棲していることがわかった時に親もあまりいい印象を受けません。

特に結婚を考えているようであればここは重要になっていきます。
女性の親であれば妊娠の心配もあります。

結婚の挨拶をする時に悪い印象を受けないために、同棲の始める前にもちゃんと二人でお互いの両親に報告をするのが大切です。

同棲する目的、期限をちゃんと決めておく

%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%963出典:weheartit.com

何の目的もなしに同棲を始めるとそのままダラダラ過ごしてしまい、結婚のタイミングを逃すことが多い傾向にありあす。
どちらかが相手の家に住み着くようになるのも結婚のタイミングを逃す可能性があります。

結婚を目的としているなら結婚前に一緒の生活に慣れるために同棲する、一緒に住んで結婚資金を貯める、など目的を決めましょう。

そして同棲する期間も重要になっていきます。

あまりに長い期間の同棲だとどちらかが飽きてしまう可能性があります。
結婚を考えている同棲なら半年~一年、長くても二年が妥当でしょう。

生活費などの金銭面の支払いを決める

%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%962出典:weheartit.com

いくらラブラブなカップルでもお金の話となればそれは別。お金は生きてく上で絶対に欠かせないものであり、同棲にも大きく関わってきます。

お互いの給料が全く同額であれば全部折半で解決するかもしれませんが、現実はそう簡単ではありません。
給料も違えば、お互い家にいる時間も違います。

家賃は折半でいいかもしれませんがその他の費用も細かく決めておくことが大切です。

例えば、パソコンは彼の方が使うから電気代は彼の方が多く出す、シャワーは彼女のほうが使うから水道代は彼女のほうが多く出すなど、お互いが家で何を多く使ってるかで出す割合を決めておくのがいいかもしれません。

金銭面に関しては曖昧にせず、定期的に話し合ってお互いが納得する形で支払いを決めましょう。

家事の分担を決めておく

%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%965出典:weheartit.com

金銭面同様、家事の分担を決めておくことも同棲していく上で必要不可欠です。

料理が得意だから私が、掃除が得意だから俺が、と言った得意分野を担当してそれ以外はローテーションにするのもいいですし、全ての家事を週ごとにローテーションするのもいいでしょう。

ただ、仕事で帰るのが遅くなった場合はその日の家事を代わりにやってあげたり、やって貰った側は別の日に代わりにやるなどと言った助け合いと感謝も必要です。

やってもらえることが当たり前にならないようにしましょう。

ルールを決めておく

%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%966出典:weheartit.com

一緒に暮らす上で必ずルールを決めておきましょう。何も決めないで同棲を始めると喧嘩の元になります。

家に友人を呼んでいいか、毎週何曜日は一人の時間を作る、お互いの趣味に口出しはしない…など、お互いが気になるところをリストアップし、話し合ってルールを決めると不満が溜まりにくいと思います。

ただし、細かくルールを決めすぎるとかえって息苦しくなります。同棲を始める前に大まかに決め、生活していくうちに気になるところがあれば話し合って決めましょう。

同棲は結婚前の生活練習

10出典:weheartit.com

同棲は楽しいだけではありません。
様々な問題を乗り越えてきちんと話し合いが出来てこそお互いが気持ちよく生活できるようになります。

悩んだらすぐに話すことが大切です。
あなたが素敵な同棲を始められますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です